通院するタイプ


オフィスホワイトニングという方法があります。こちらは歯科医院で医師によってホワイトニングをしてもらうという方法であり、ホームホワイトニングと区別をつけるためにこのような呼ばれ方をすることがあります。

通院高濃度の薬剤を用いるのが特徴となっています。歯に薬剤を塗布して、さらに光を照射することによって反応させてどんどん歯を白くさせていくのです。こちらの方法はすぐに効果が出てくるのですが、色の後戻りをしてしまうことがあるため注意しましょう。しっかりと歯のケアをしなければいけません。

一度の治療で完全に歯を白くできないことが多いです。この場合は何度か通院していくことになります。完全に歯が白くなるまで通院を繰り返すのです。ただし、一度治療されたならば、次は2週間程度間隔をあけることになります。

すぐに効果を実感したいならば、オフィスホワイトニングを選択すると良いでしょう。こちらは濃度が高い薬剤を使うために即効性があるのです。歯科医師または歯科衛生士が行うホワイトニングなので安心して施術を受けることができるでしょう。参考に、大阪でオフィスホワイトニングを行う歯科医院では、公式ホームページにもそのように記載をしています。ただし、ホームホワイトニングよりも効果の持続期間は短くなっています。歯が色戻りしてしまった場合には、再びホワイトニングをしてもらうことになります。すぐにでも歯を白くしたい事情があるならば、こちらを選択すると良いでしょう。