通院するタイプ


オフィスホワイトニングという方法があります。こちらは歯科医院で医師によってホワイトニングをしてもらうという方法であり、ホームホワイトニングと区別をつけるためにこのような呼ばれ方をすることがあります。

通院高濃度の薬剤を用いるのが特徴となっています。歯に薬剤を塗布して、さらに光を照射することによって反応させてどんどん歯を白くさせていくのです。こちらの方法はすぐに効果が出てくるのですが、色の後戻りをしてしまうことがあるため注意しましょう。しっかりと歯のケアをしなければいけません。

一度の治療で完全に歯を白くできないことが多いです。この場合は何度か通院していくことになります。完全に歯が白くなるまで通院を繰り返すのです。ただし、一度治療されたならば、次は2週間程度間隔をあけることになります。

すぐに効果を実感したいならば、オフィスホワイトニングを選択すると良いでしょう。こちらは濃度が高い薬剤を使うために即効性があるのです。歯科医師または歯科衛生士が行うホワイトニングなので安心して施術を受けることができるでしょう。参考に、大阪でオフィスホワイトニングを行う歯科医院では、公式ホームページにもそのように記載をしています。ただし、ホームホワイトニングよりも効果の持続期間は短くなっています。歯が色戻りしてしまった場合には、再びホワイトニングをしてもらうことになります。すぐにでも歯を白くしたい事情があるならば、こちらを選択すると良いでしょう。

ue reading »',

自宅でできるタイプ


マウスピースホワイトニングの方法の1つとしてホームホワイトニングがあります。こちらは自宅でできるホワイトニングとなっています。ただし、最初は歯科医院へ通う必要があります。そこで自分のマウスピースを作ってもらいます。そこに薬剤を入れて装着することによって、歯に反応させて歯をどんどん白くしていくという方法となっています。

自宅で自分でやる方法となっているため、薬剤の濃度は低くなっています。そのため、自分で問題なくやることができるのです。ただし、濃度が低くなっているため、効果は徐々に出てきます。なかなか効果が出ないこともあるため注意しましょう。最終的にはしっかりと歯を白くすることができます。持続期間としては1年から2年程度はもつことが多いです。

ホームホワイトニングは何度もクリニックに通いたくないという方に向いています。ただし、毎日2時間以上ずっと装着していなければいけません。それが面倒だという方もいるでしょう。その場合はオフィスホワイトニングという方法があります。

また、ホワイトニングは誰でもできるわけではないため注意しましょう。たとえば虫歯があったり、妊娠中の方はホワイトニングをすることができないのです。よく医師と相談をして、しっかりと診断をしてもらいましょう。

ue reading »',

ホワイトニングの種類


歯というのは物を噛むためにあるものです。歯が丈夫であれば、毎日しっかりと食事ができるでしょう。しかし、歯というのはそのような機能だけではなく、別の機能もあります。それは見た目を維持するということです。歯がきれいな人は見た目がきれいに見えるでしょう。しかし、歯が失われてしまったり、汚い色をしていると、その人の見た目の印象まで悪くなってしまうでしょう。そのため、歯をきれいにしたいと考えている方はたくさんいます。

ホワイトニング最近流行っているものとしてホワイトニングがあります。こちらは歯を白くするためのメニューのことです。女性だけではなくて男性がホワイトニングを受けるというケースも増えています。芸能人やモデルだけではなくて、普通の人も歯を白くしたいと考えるケースが多くなりました。そのため、積極的にホワイトニングを受けている方が増えているのです。

ホワイトニングをすることによって身だしなみに気を使うことができるでしょう。清潔な印象を与えることができます。歯を白くした結果として異性にモテるようになったり、たとえば営業の仕事をしている方には大きな効果を期待できるでしょう。

そんなホワイトニングなのですが、実はいくつか種類が存在しています。その中でも代表的なものはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングです。こちらではこの2つのホワイトニングの種類について取り上げましょう。それぞれどのような違いが存在しているのかを説明します。

ue reading »',